発症後の期間と受給額

損害賠償請求権は除斥期間の定めによって不法行為のときから20年が過ぎると失われてしまうことになっています。B型肝炎の訴訟においては、不法行為のときは慢性肝炎を発症した方であれば発症した日となっており、無症候性キャリアの方の場合は集団予防接種等が行なわれた日と決まっています

たとえば慢性肝炎の場合には、発症後の経過年数などによって給付金額は変わってきます。具体的には、発症後20年を過ぎていないケースでは1,250万円の支払いとなり、発症後20年が過ぎていて現在も治療を受けているケースでは300万円、発症後20年を過ぎていて、治療歴がないケースなどでは150万円の支払いとなります

また、無症候性キャリアの方の場合には、発症後では感染後20年を過ぎていないケースでは600万円を受け取れることになっており、感染後20年を過ぎているケースでは50万円と検査費用が給付額として設定されています

そのほか、B型肝炎で命を落とした、肝癌や肝硬変になったということでも、発症後の年数などによって給付金額というのは変わってきます。自分が受給対象であるのかどうか、どの程度の給付額が見込めるのかは法律事務所の弁護士に相談してみることによってわかりますので、もしかしたらと少しでも思う点があれば一度は利用してみるとよいでしょう。

<関連記事>
給付金の種類別期限
裁判中に期限がきたら
給付金請求は期限付き